×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 演劇世界を豊かにするためのワークショップ 「戯曲ワークショップ」

-おおいた発 アートの風2010- 第12回大分県民芸術文化祭研修会事業


■日時 (全2回*受付は各30分前より)■
10月30日(土曜日) 13時〜17時
10月31日(日曜日) 13時〜17時

■会場■
大分県立芸術文化短期大学 人文棟 講義室

■受講費■
無料 (定員30名・要整理券)

定員に達しました  

講師
原田 佳夏 (脚本家)

大分市出身。劇団ホットロード座付き作家。
朝日カルチャーセンター「脚本を書こう!」講座講師。 文化学院特別講座講師。 著作として『脚本を書こう!』青弓社。
主な映像作品として、『老親―ろうしん―』(主演:小林桂樹、萬田久子、2000年)他。
大分での教育現場での演劇指導、九重町民劇場へ『―菅原道真公異聞―飛梅の寄り道』などを提供。
2006年大分市南蛮文化祭、市民参加ステージ『拝啓 ザビエル様』企画・作・実行委員長。


音楽による「イマジネーション」 表現ワークショップ

平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 九州演劇人サミットin大分関連事業
演劇世界を豊かにするためのワークショップ


■日時 (受付は各30分前より)■
11月6日(土曜日) 13時〜17時 
11月7日(日曜日) 13時〜15時  (終了後、スペシャルコンサートあり) 

■場所■ 
大分県立芸術文化短期大学 音楽棟 小ホール

■チケット価格■
ワークショップ参加費:1500円  (学生はコンサート鑑賞料込み)
一般価格A:3000円  (ワークショップ&コンサート割引価格)
一般価格B:2000円  (コンサート鑑賞のみ)

■募集人数■
ワークショップ…30名程度(先着順)
コンサート…80〜100名

ワークショップ参加申し込み方法  …⇒メールフォームにて先着順
折り返しご連絡いたします。
※ワークショップは定員に達しました
講師
藤原いくろう (作曲家・サウンドプロデューサー)

モスクワ・インターナショナル・シンフォニック・オーケストラのアシスタントコンダクター、担当作曲家を経て、モスクワの演奏家達と「МИР(ミール) Strings Orchestra」を結成。 
第28回香港フィルムアワード「最優秀主題歌賞」を、日本人として、初めて受賞する

* 実 施 情 報 *


駐車場はございますが、なるべく公共交通機関をご利用ください。

* 会場アクセス *


最寄の出発地のバス停を入力してください。「上野」を降車バス停として時刻表を検索できます。

名前の一部又は「ひらがな」でも検索できます
←より詳しい検索はこちら
・大分バス「大分駅前」バス停7番のりば
・大分バス「本社前」バス停3番のりば
⇒「上野」行に乗車
⇒終点「上野」で下車(約6分)⇒徒歩4分
・JR大分駅〜大学(徒歩15分)



←バスロケおおいた
バス運行情報、待ち時間、利用バス停間の
所要時分の目安が分かります



大きな地図で見る

Template design by Nikukyu-Punch